Cybozu

パッケージ版 Garoon | 不具合情報公開サイト

不具合No:
No: 001-010262

製品
種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.5.0
  • 3.7.0
  • 4.0.0
  • 4.2.0
  • 4.6.0

登録:
2018年04月25日
更新:
2018年04月25日


現象詳細と回避/対応方法を掲載しています。

[Windows版の現象]拡張子が「ini」のファイルを「読み取り専用」にすると、正常にバージョンアップできない場合がある。

詳細

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • CGI 実行可能ディレクトリーで、拡張子が「ini」のファイルを「読み取り専用」にする。

  • 該当のファイルが、ファイル名の昇順でファイルを並べ替えたとき、「php.ini」よりも前に存在する。

    補足:
    • php.iniは次の場所に配置されています。
      (CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)/php.ini

      例:
      Windowsの場合:
      C:\Inetpub\scripts\cbgrn\php.ini

【準備】

  • Garoonをインストールします。

  • 発生条件を満たす状態にします。

    補足:
    • 次の手順で現象が発生することを確認しています。
      1. common.iniをコピーします。

      2. コピーしたファイルの名前を「common_bak.ini」に変更します。

      3. common_bak.iniのプロパティで、「読み取り専用」のチェックボックスを選択します。

【再現手順】

  1. Garoonのインストーラーを起動し、バージョンアップを実行します。


→現象発生:
 正常にバージョンアップできません。

補足:

  • 手順1で起動するGaroonのインストーラーのバージョンによって、現象発生時の挙動が異なります。

    バージョン 3.5.0以前のGaroonのインストーラーを起動した場合:
    • バージョンアップ実行ログが作成されません。

    • Garoonにアクセスすると、次のエラーが発生します。
      -------
      502 - Web サーバーがゲートウェイまたはプロキシ サーバーとして動作しているときに、無効な応答を受信しました。
      検索中のページに問題があるため、ページを表示できません。Web サーバーがゲートウェイまたはプロキシ サーバーとして動作し、上位のコンテンツ サーバーと通信しているときに、コンテンツ サーバーから無効な応答を受信しました。
      -------

    バージョン 3.7.0以降のGaroonのインストーラーを起動した場合:

    • バージョンアップ実行ログに、次のエラーが出力されます。
      -------
      [Sun, 01 Apr 2018 10:00:00 +0900] !!! can not chdir:C:/Inetpub/scripts/cbgrn/mysql-5.0/bin
      -------

    • バージョンアップ実行ログは、次のディレクトリー、およびファイル名で出力されます。
      (CGI 実行可能ディレクトリー)/(インストール識別子)/versionup_xxx.log

  • 手順1で、バージョン 4.2.0以前のGaroonのインストーラーを起動した場合、次の不具合が発生し、バージョンアップが正常に終了したことを示すメッセージが表示されます。
    詳細は、次の記事をご参照ください。

    バージョンアップの途中でmysql_upgradeの実行に失敗し、処理が正しく行われなくても、バージョンアップが正常に終了したことを示すメッセージが表示される。
    https://support.cybozu.com/ja-jp/article/9454
対応方法
本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。
関連記事
フィードバックをお寄せください
この情報は役に立ちましたか?
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •