Cybozu

メールワイズ | 不具合情報公開サイト

キーワード

製品
メールワイズ
バージョン

種別
機能
改修状況
修正プログラム
詳細検索

メールワイズの不具合情報を掲載しています。

メールワイズ 4のサポート・サービスは、2015年10月31日で終了しました。サポート・サービス終了に伴う運用変更のお知らせはこちらです。

更新情報

2017.02.09 新規
メールサーバーにOffice365.comを使用すると、メールに添付されたemlファイルの内容が正常に表示されない場合がある。

2017.02.01 新規
不正な宛先に、メールを送信できてしまう場合がある。

2017.02.01 新規
大量のメール履歴がある顧客を削除できない。

2017.02.01 新規
[Android Chromeの現象]Android OS 6以降の端末で、画面崩れが発生し、フッターが表示されない場合がある。

2017.01.13 新規
アドレス帳の「顧客の履歴一覧」画面に書きかけ保存の履歴が残り、1件の送信済みのメールに対し2件の履歴が表示される場合がある。

2017.01.13 新規
[Internet Explorerの現象]書式編集でURLを入力すると、リンクになる場合がある。

2017.01.13 新規
番号なしリストを使用した文字列を選択し、「引用ブロック」アイコンをクリックすると、引用ブロックが番号なしリストと文字列の間に挿入される場合がある。

2017.01.13 新規
[Mozilla Firefoxの現象]書式編集で「字下げを増やす」アイコンをクリックすると、引用ブロックが挿入される場合がある。

2017.01.06 新規
[Android Chromeの現象]書式編集で、リンクの挿入または編集ができない場合がある。

2017.01.06 新規
ユーザー名簿を使用しない設定にしても、アドレス選択時に「組織」のドロップダウンリストとユーザー一覧が表示される。

2017.01.06 新規
複数のメールアドレスを登録した顧客を削除し、再度顧客にメールアドレスを登録すると、顧客とメールアドレスの紐付けが不正になる場合がある。

2017.01.06 新規
書式編集で「字下げを増やす」アイコンをクリックすると、引用ブロックが増える場合がある。

2016.12.09 更新 改修済み
メールが重複して受信される場合がある。

2016.12.09 更新 改修済み
定期チェック実行時に、データベース破損を誤検出する場合がある。

2017.02.23 更新 改修済み
メールアプリケーションを移動する際、移動先のメールスペースに顧客ID(cid)が同じ顧客が存在すると、「メールの詳細」画面でメールと顧客の紐付けが不正になる場合がある。

2017.02.23 更新 改修済み
同一のメールアドレスが存在するメールスペース間で、移動元のメールアドレスを削除したあとにメールアプリケーションを移動すると、顧客の履歴情報が不正になる場合がある。

2017.03.23 新規 改修済み
[CyVDB-950]メールに関する閲覧制限回避の脆弱性

2017.03.23 新規 改修済み
[CyVDB-924]メールヘッダインジェクションの脆弱性

2017.03.23 新規 改修済み
[CyVDB-1153]一斉配信に関する複数の処理にクリックジャッキング対策不備の脆弱性

2017.03.23 新規 改修済み
[CyVDB-1046]CGI環境変数に関する情報漏えいの脆弱性

トップページに戻る