Cybozu

メールワイズ | 不具合情報公開サイト

不具合No:
No: 016-009914

製品
種別
不具合
機能
  • 06 メール作成
  • 09 メール受信
再現バージョン
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1

登録:
2017年04月27日
更新:
2017年04月27日


現象詳細と回避/対応方法を掲載しています。

text/plainパートがないhtmlメールをテキスト形式で返信すると、署名の位置を引用文の前に挿入する設定にしていても、末尾に挿入される場合がある。

詳細

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • text/plainパートがなく、本文に改行を含むHTMLメールをテキスト形式で返信する。

【準備】

  • text/plainパートがなく、本文に改行を含むHTMLメールを受信します。

    メールソースの例:
    -------
    Return-Path: user1@xxxxx.co.jp
    Received: from xxxxx by xxxxx ; Sat, 01 Apr 2017 09:00:00 +0900
    Date: Sat, 01 Apr 2017 09:00:00 +0900
    From: "user1@xxxxx.co.jp" <user1@xxxxx.co.jp>
    To: sample1@xxxxx.co.jp
    Message-ID: <12345678901234567890123457890@xxxxx.co.jp>
    Subject: =?ISO-2022-JP?B?GyRCJWEhPCVrGyhCMQ==?=
    X-Mailer: Cybozu MailWise 5.4.1
    Mime-Version: 1.0
    Content-Type: text/html; charset=ISO-2022-JP
    Content-Transfer-Encoding: 7bit

    <div><strong>$B<u?.%a!<%kK\J8(B</strong></div>
    <div><strong>1</strong></div>
    -------

    補足:
    • 受信したメールを「メールの詳細」画面で表示すると、次のように表示されます。

      例:
      -------
      件名:メール1
      本文:受信メール本文(改行)
         1
      -------

  • 運用管理画面で、署名を追加します。

    例:
    -------
    名前:署名1
    内容:署名内容1
    -------

  • 運用管理の「詳細設定の変更」画面で、次の設定を行います。

    • 書式編集機能:「テキスト入力のみ」を選択する
    • 署名の位置:「引用文の前に挿入する」を選択する

【再現手順】

  1. [メール] [メール1] [返信する]の順にクリックします。

  2. 「署名」欄で「署名1」を選択します。

  3. [送信する]をクリックします。

→現象発生:
 署名が、引用文の前ではなく、本文の末尾に挿入されます。
 
 例:
 -------
 >受信メール本文
 >1
 署名内容1
 ------

→正しい結果:
 署名が、引用文の前に挿入されます。
 
 例:
 -------
 署名内容1
 >受信メール本文
 >1
 ------

補足:

  • 「メールの送信」画面で[送信する]をクリックした場合、送信したメールでも署名が本文の末尾に挿入されます。

  • 書式編集を使用する設定にし、「メールの返信」画面でテキストを選択した場合も、同様の現象が発生します。
    1. 運用管理の「詳細設定の変更」画面で、次の設定を行います。

      • 書式編集機能:「書式編集を使用する」を選択する

    2. [メール] [メール1] [返信する]の順にクリックします。

    3. [テキスト]をクリックします。

    4. 「署名」欄で「署名1」を選択します。

    5. [送信する]をクリックします。
対応方法

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事
フィードバックをお寄せください
この情報は役に立ちましたか?
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •